ホーム > 工法紹介

工法紹介

手摺先行型足場

足場の組み立て・解体作業を、常に二段手摺が先行されている状態で行うことが出来る安全性に優れた工法です。 この工法の目的は、足場の設置を必要とする建設工事において、手摺先行工法による足場の組み立て、解体又は 変更の作業を行うことにより、働きやすい安心感のある足場作りと、労働者の足場からの墜落等を防止し、併せて 快適な職場環境の形成に資することです。

特徴

手摺先行型足場の最大の特徴は、足場の組み立て・解体時に常に先行して手摺が設置できるということです。 最上段でも常に外側を手摺で囲まれた状態で作業ができるので、墜落する危険性がなくなります。

作業効率の良い安定感ある足場

足場の使用時に二段手摺と幅木(つま先板)があらかじめ備えられており、当該設置状況に応じて養生ネット・シート などの改善措置機材が具備された安全な状態で作業ができる足場のことです。
平成15年4月1日、厚生労働省が「手摺先行工法に関するガイドライン」を策定、また国土交通省・農林水産省では 平成15年度より同ガイドラインを工事共通仕様書に追加し、直轄工事では全面適用となっております。